1歳から2歳のトイレトレーニング

1歳からトイレトレーニングを始めるのは、少し早いと思う方もいるかもしれませんが、トイレトレーニングは、少しでも、早く始める必要があります。その理由は、8ヶ月からのトイレトレーニングを読んでみてください。

1歳を過ぎたからと言って遅いわけではありません。ぜひ、今日から始めてみてください。

まずは、8ヶ月からのトイレトレーニングでのやり方で、便座に座って排泄できるようになりましょう。根気よく、あきらめず続けてくださいね。

寝起き以外にも、トイレで排泄しよう

お昼寝の後のトイレが、2回に1回くらいの割合で成功できるようになったら、今度は、別の時間にもトイレに行ってみましょう。

まずは、お昼寝の後の排泄が成功したら、その後1時間半後におむつをみてください。そこで、濡れていないようであれば、トイレに座らせてみましょう。排泄が成功すれば次も1時間半後に誘います。これを繰り返し、トイレで排泄する回数を増やします。

お昼寝後のトイレから、1時間半後には、もうおむつが濡れているようであれば、次回はもう少し早く、トイレに座らせてみましょう。1時間半後にトイレに座らせて出なければ、次回は2時間後に誘います。

ここで大事な事は、何時何分に排泄をした事を大人が把握する事です。そして、その次の排泄まで、どのくらいの時間があるのかを知る事です。

お昼寝後のトイレの後、1回だけ頑張ってみてください。何度か継続するうちに、お子さんの排泄の時間感覚をつかむことが出来るでしょう。

トイレでの排泄の回数を増やしましょう

お子さんの排泄の時間の感覚が分かってきたら、お昼寝後から、夜寝るまでトイレで排泄出来るように過ごしてみましょう。おむつでも排泄している事もありますが、徐々にトイレでの割合が多くなり、お昼寝後から、夜寝るまでおむつが汚れない日が、増えてくるでしょう。

何日か、おむつが汚れない日が増えてきたら、今度は朝起きてから、同じやり方でトイレに座らせます。

ここまでくると、わりと早く一日中おむつが汚れない日がやって来ることでしょう。

いよいよ、パンツを履きましょう

一日中おむつが汚れない日が続いてきたら、いよいよパンツを履きましょう。トレーニングパンツのような、分厚いパンツはいりません。何度か、失敗することもありますが、おしっこが足伝う感覚を経験して、もう、ここではおしっこをしてはいけないと思うことも大切な事です。

誘い続けましょう

トイレトレーニングが完了に近づくと、時間をみて誘う事をやめてしまうかもしれませんが、まだまだ、自分で尿意を伝えトイレへ行くことは出来ません。1〜2歳のトイレトレーニングでは、まだまだ大人が、時間を把握して、トイレに座らせないといけません。

そのうちに、「おしっこ!」と教えたくれるようになりますが、もうしばらく先の事です。

外出の時には

一度パンツを履いたからといって、もうおむつを履いてはいけないということは、ありません。外出する時などは、やっぱり不安ですよね。そんな時は、また、おむつを履いてもオッケーです。

でも、お子さんには、

「お出かけだから、おむつ履こうね。でも、おしっこは、トイレだよ」

と、声をかけて、時間を見てトイレに座らせて下さいね。

そのうち失敗もなくなり、外出の時もパンツのまま過ごす事が出来るようになるでしょう。

これでトイレトレーニングは、完了です。かかる時間には、個人差がありますが、根気よく頑張ってくださいね。

シェアする